VRコンソーシアム、 VRクリエイティブアワード2019を開催 事業拡大に向け、組織名を「XRコンソーシアム」に改め 体制刷新でXR業界の発展をさらに推進

一般社団法人 VRコンソーシアム(所在:東京都渋谷区、代表理事:藤井直敬、以下「VRC」)は、2019年8月25日に「VRクリエイティブアワード 2019」を開催し、その受賞作品を発表。あわせて、今後の事業拡大に向け、組織名を「一般社団法人 XRコンソーシアム(以下「XRC」)」に改め、事務局長にVR・XR業界最大メディア「Mogura VR News」編集長の久保田瞬氏を迎えることを発表しました。


VRクリエイティブアワード2019 受賞作品の発表

2019年8月25日、本年で第5回目となる「VRクリエイティブアワード 2019」授賞式を開催いたしました。 VRクリエイティブアワードは、これからのVR業界を牽引するVR作品やクリエイターを発掘し、認知度向上や活動の支援を目的としたイベントです。本年は受賞枠に学生部門を加えたこともあり、学生からの応募が飛躍的に増え、事業者による商業作品やアート作品に、着想の豊かな作品が加わり、応募作品全体のレベルと多様性がさらに高まりました。

以下に本年の受賞者をお知らせいたします。

【受賞作品】

【最優秀賞】
作品名:MOWB
作者:東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 YuharaKazuki

【一般 優秀賞】
作品名:けん玉できた!VR
作者:株式会社CanR 川崎仁史

【学生部門 優秀賞】
作品名:地震列島VR
作者:愛知工科大学板宮研究室 平川俊貴

【大川ドリーム賞】
作品名:STYLY
作者:株式会社 Psychic VR Lab 藤井明宏

【デジタルハリウッド賞】
作品名:memex「Cloud Identifier」Music Video + Virtual Creation Studio
作者:memex + ars

各受賞作の詳細及び他のファイナリスト作品は公式サイトをご覧ください。

VRC新体制

VRCは、クリエイターや企業、学術機関をつなぎ、バーチャルリアリティ(VR)業界のエコシステム構築をミッションに、2015年4月に発足。VRの技術およびコンテンツの普及をめざし、ハードウェア、コンテンツ、プラットフォーム、メディアの4つの領域でVRに関わる開発者、クリエイター、企業、アカデミアなど、多様なプレイヤーをつなぎ、恊働・協創機会を創り出すことを目的として、活動してまいりました。

発足から4年が経ち、VRをとりまく環境は大きく変化しました。スタートアップのみならず、多くの企業が同分野に参入し、日々取り組まれています。また、HoloLensやスマートフォンを使った本格的なAR(オーグメンテッドリアリティ)、MR(ミックストリアリティ)の登場により、AR/MRに取り組む企業が増えてきました。VR/AR/MRなど現実の認識にはたらきかける技術分野は総称してXRと呼ばれます。

設立5周年の節目を迎える今、VRCに求められる役割を業界の変化に合わせて最適化し、拡張していく上で、組織体制の刷新と名称変更を行うことにいたしました。

「日本のXR業界(VR/AR/MR)の代表団体として、国内外の業界窓口となり、XR業界の発展に貢献する」ことをミッションとして掲げ、これまで以上に業界内外を繋ぎ、エコシステムを強固にすべく新たな取組を開始します。

当コンソーシアムの新しい体制や取り組みの詳細につきましては、随時情報発信いたします。

【新体制概要】
新組織名称: 一般社団法人 XRコンソーシアム
英文表記: XR Consortium
略称: XRC
Webサイト: http://vrc.or.jp/
エグゼクティブ・ディレクター:久保田瞬 氏

慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、株式会社Moguraを創業。現株式会社Mogura代表取締役社長、Mogura VR News編集長。VRジャーナリスト。一般社団法人ロケーションベースVR協会監事、一般社団法人VRMコンソーシアム監事。

新ロゴ:

【代表理事 藤井 直敬のメッセージ】
5周年を迎えたVRコンソーシアムが、今回、名称を「XRコンソーシアム」に改め、VR/AR/MR業界で絶大な信頼を集めるMoguraの久保田さんをエグゼクティブ・ディレクターに迎え、この業界の発展に踏み出していけることを、心から楽しみにしています。
旧体制でご支援頂いたみなさまに感謝申し上げるとともに、新体制でのさらなるご支援・ご協力をお願い申し上げます。


本件に関するお問い合わせ先
一般社団法人 XRコンソーシアム
担当者名:西出(にしで)
Email:info@vrc.or.jp

【イベント告知】デジタルハリウッド大学 特別講義「平成こそVR時代だった-90分間徹底的にVRの話をしよう-」

21世紀中盤、我々がリアルを創造するだろう。
6月13日(木)の夜、まずはヴァーチャルリアリティを論じよう!
ぜひ、みなさん参加を!

【特別講義】「平成こそVR時代だった-90分間徹底的にVRの話をしよう-」「VR原論」上梓記念特別講義
日程:6月13日(木) 19:20~21:00
会場:駿河台ホール
主催:デジタルハリウッド大学
協賛:VRコンソーシアム
———————————-
予約フォーム
https://www.secure-cloud.jp/sf/business/1559111889DjXvENEW
———————————-

『バーチャル・リアリティーの世界で最も有名な書き手』
『史上初めてのVRの本の著者』 服部桂が、
満を持してデジタルハリウッド大学特別講義に登壇!
VRアーティストせきぐちあいみ氏のリアルタイムパフォーマンスも。

2019年、奇しくも令和元年となった今年は、VRが商用化されてから30年の記念すべき年だ。近年になり「VR元年」の言葉をよく耳にしている我々にとっては違和感を感じるが、
その歴史を紐解くと、まさに「平成こそVR時代だった」—-?

また、VRアーティストせきぐちあいみ氏・
VRエヴァンジェリストGOROman氏もゲスト登壇!

【講義内容】
1.本当のVR元年の話をしよう(服部氏)
2.VR-その創世記から現在へ-(服部氏・せきぐち氏・GOROman氏)
3.これから来る-新しいリアル-(服部氏・せきぐち氏・GOROman氏)
4.せきぐちあいみ ”リアルタイムパフォーマンス”
5.Q&A(服部氏・せきぐち氏・GOROman氏)

【登壇者】
服部桂氏
1951年、 東京都出身。
早稲田大学理工学部で修士取得後、1978年に朝日新聞に入社。
80年代の通信自由化の際、 米通信系ベンチャー企業に出向。
87年から2年間、 米MITメディアラボ客員研究員。
科学部を経て、 出版局で「ASAHIパソコン」副編集長、「DOORS」編集委員、「PASO」編集長。
94年に新聞紙面で初のインターネット連載。その後、企画報道部でデジタル面、科学部でbeを担当。2011年から同社ジャーナリスト学校シニア研究員。
メディア研究誌「Journalism」編集を担当。16年に朝日新聞社を定年退職後フリーに。
著書に『人工現実感の世界』(日刊工業新聞 技術・科学図書文化賞優秀賞)、『人工生命の世界』、 『メディアの予言者 マクルーハン再発見』など。

せきぐちあいみ氏
VR空間に3Dのアートを描く、VRアーティストとして活動中。
VRでのアート制作やライブペインティングのステージ公演を国内や海外(アメリカ、タイ、マレーシア、シンガポール、ドイツなど)でも行っている。
博報堂プロダクツ アドバイザー。
公式web>https://www.creativevillage.ne.jp/lp/aimi_sekiguchi/
公式Twitter>https://twitter.com/sekiguchiaimi

近藤義仁(GOROman)氏
株式会社エクシヴィ 代表取締役社長。
PlayStaion1/2/Xbox等のコンシューマタイトル制作に関わり、
描画エンジン・アニメーションエンジン等を開発。
2010年株式会社エクシヴィを立ち上げ代表取締役社長となる。
2012年Oculus Rift DK1に出会い、自らVRコンテンツの開発を行いVR普及活動をはじめる。並行して2014年からOculus Japan Teamを立ち上げ、Oculus VR社の親会社であるFacebookに入社。同社退職後は国内パートナー向けに技術サポート、数多くの講演を行ない、現在はVRコンテンツ開発やVRの普及活動を行っている。
代表作は Mikulus, Miku Miku Akushu,「初音ミク VR Special LIVE -ALIVE-」ロート デジアイ,DMM GAMES VR × 刀剣乱舞ONLINE 三日月宗近Ver.など多数。
2018年VRアニメ制作ツールAniCastを発表。
東雲めぐcGugenkaのSHOWROOM生配信に技術提供。
エイベックスとアニメ制作のパラダイムシフトを目指すAniCast Lab.を設立。
著書「ミライのつくり方2020-2045 僕がVRに賭けるわけ(星海社)」

【お問い合わせ先】
デジタルハリウッド大学 駿河台キャンパス
Tel:03-5297-5787(平日:10:00~18:30)
Mail:dhu@dhw.ac.jp

VRクリエイティブアワード2019開催 ー 本日より応募作品の募集開始!


一般社団法人VRコンソーシアム(代表理事:藤井直敬、以下「VRC」)は、本年で第5回目となる「VRクリエイティブアワード 2019」を開催し、本日より応募作品の募集を開始いたします。

VRクリエイティブアワードは、これからのVR業界を牽引するVR作品やクリエイターを発掘し、認知度向上や活動の支援を目的としたイベントです。VR、アカデミア、テクノロジー、アートの第一線で活躍する審査員を迎え、2019年8月25日にファイナル審査と、一般参加者も体験可能なデモとパネルディスカッションをデジタルハリウッド大学にて行います。

VRクリエイティブアワード2019 概要
アワード公式サイト:http://vrc.or.jp/award2019/
主催: 一般社団法人VRコンソーシアム
共催: 一般財団法人カルチャー・ヴィジョン・ジャパン/株式会社ドゥ・クリエーション
運営・メディアパートナー: 株式会社Mogura
運営協力: 東大VRサークルUT-virtual
協賛: デジタルハリウッド大学/一般財団法人大川ドリーム基金ほか

応募概要
応募期間:2019年4月26日〜7月1日
応募方法:アワード公式サイトよりご応募ください。
受賞賞金:最優秀賞(10万円)、優秀賞(5万円)、スポンサー賞ほか

VRクリエイティブアワード2019 審査員

VRクリエイティブアワードについて
VRコンソーシアムが2015年から開催するアワードイベントです。VR・AR・MRを始めとする現実拡張技術を利用した作品やサービスを評価・賞賛することで、xR市場における先端技術の共有とクリエイターの認知向上を目的とします。アート・サイエンス・インダストリー・アーキテクチャー・教育など、テクノロジーをベースにした、幅広いクリエイティブ作品が対象です。VRテクノロジーの特徴を最大限に活かした、これまでにない新しい体験型表現を期待します。

昨年の授賞式

VRクリエイティブアワード2018の開催決定!応募作品の募集スタート


一般社団法人VRコンソーシアム(代表理事:藤井直敬、以下「VRC」)は、本年で第4回目となる「VRクリエイティブアワード 2018」を開催し、本日より応募作品の募集を開始いたします。

VRクリエイティブアワードは、これからのVR業界を牽引するVR作品やクリエイターを発掘し、認知度向上や活動の支援を目的としたイベントです。VR、アカデミア、テクノロジー、アートの第一線で活躍する審査員を迎え、2018年8月25日にファイナル審査と、一般参加者も体験可能なデモとプレゼンイベントを渋谷のEDGEofにて行います。

VRクリエイティブアワード2018 概要
主催: 一般社団法人VRコンソーシアム
アワード公式サイト:http://vrc.or.jp/award2018/
場所:EDGEof(東京都渋谷区神南1-11-3)
日時:2018年8月25日(土)13:30 – 18:00 (懇親会18:00 – 19:30)
お問い合わせ先: http://vrc.or.jp/contact/

応募概要
応募期間:2018年4月27日(金) 〜 7月1日(月)
応募方法:アワード公式サイトよりご応募ください。
受賞賞金:最優秀賞(10万円)、優秀賞(5万円)、スポンサー賞

VRクリエイティブアワード2018 審査員

VRクリエイティブアワードについて

VRCが年に1回開催するVRクリエイティブアワードは、VR市場構築の根幹を担うクリエイターたちの作品を広く社会に公開し、体験の場を設け、その功績を称える年に1回のアワードイベントになります。本イベントでは才能溢れるクリエイターたちと、アンテナの高いマーケッターや経営者、そして各界で活躍する審査員陣が集います。

昨年の授賞式

VRC会員制度の終了のお知らせ

VRC会員のみなさま

2015年に発足しましたVRコンソーシアムは本日をもちまして、当初の予定通り
3年間の活動計画を無事終了し、会員運営は終了させて頂きます。
VRCの活動に多大なご支援・ご協力を頂き、誠にありがとうございました。

今後の活動につきまして、会員運営は休止となりますが、「VRクリエイティブアワード」
は引き続き、株式会社電通様の主導で開催を継続して参ります。
開催の詳細が決まりましたら、あらためてご案内申し上げます。

ご不明な点などございましたら、VRコンソーシアム事務局までご連絡ください。
あらためて、これまでのご支援に、心より御礼を申し上げます。

一般社団法人VRコンソーシアム
代表理事 藤井直敬

vrc_final

Tokyo VR Meetup #19 世界でVRゲームを売ろう! Steam攻略法

vrmeetup

Tokyo VR Meetupは、VR専門のインキュベーションプログラム「Tokyo VR Startups」とVR・パノラマ専門メディア「PANORA」が共同で開催している連続セミナーです。

第19回目は、「世界でVRゲームを売ろう! Steam攻略法」がテーマです。Steamといえば、PC向けゲーム配信プラットフォームとして絶大なシェアを誇っており、近年日本でも知名度をグイグイ上げています。8月にVRゲーム「ChainMan」をSteamでリリースした桜花一門の高橋健滋氏、フルダイブノベル「Innocent Forest」を手がけるMyDearestの岸上健人氏にご登壇いただき、実際にやってみた苦労とその攻略法を語っていただきます。

さらにゲストとして、東京在住で「VRMETOKYO」として日本のVR開発者を海外に紹介しているPeter Marsh氏も出演! Steam上で世界的なヒットとなったVRゲーム「Raw Data」のマーケティング手法についても語っていただきます。VRに限らず、自分のゲームを世界で売りたいという方はぜひご来場いただき、先駆者の声をお聞きください。

VRC会員は、特別価格でご参加いただけます。
イベントの詳細・お申し込みは、下記リンクをご参照ください。
http://peatix.com/event/296010

■イベント概要
Tokyo VR Meetup #19 世界でVRゲームを売ろう! Steam攻略法
・日時:10月24日 19:40〜21:40(開場 19:30〜)
・場所:御茶ノ水駅前・デジタルハリウッド大学大学院 駿河台キャンパス3F
・入場料:一般・学生2000円、VRC会員1600円
*VRC会員はチケット購入時に4桁の会員番号をご入力ください
*デジハリ生は学生証提示で無料
・定員:200名
・主催:Tokyo VR Startups、PANORA
・協賛:デジタルハリウッド大学大学院
・後援:NPO法人オキュフェス、一般社団法人VRコンソーシアム

■出演者
・高橋健滋氏(桜花一門)
・岸上健人氏(MyDearest)
・Peter Marsh氏(VRMETOKYO、VR Evangelist/ Creative Director of Social Content for Western VR Studios)

■プログラム
19:30〜 開場
20:00〜 開演
21:15〜 懇親会&デモ
21:50  エンディング

【イベント】VRCカンファレンス2017 ファイナル

VRC_Conference_Cover

「VRCカンファレンス2017 ファイナル 」を11/11(土)に開催いたします。多数の豪華ゲストをお呼びして、ファイナルとなる3年目に相応しい内容ですので、ぜひご参加ください。早割りは、10/20(金)まで受付となります。

開催概要
日時:11月11日(土) 13:00-18:30 (12:30 受付開始)
場所:株式会社ミクシィ
東京都渋谷区東1-2-20 住友不動産渋谷ファーストタワー7F
参加費: 一般 6,000円(早割:3,000円)/VRC会員 無料(法人会員のみ)
詳細:http://vrc.or.jp/conf_2017/
お申込み:vrcc2017.peatix.com 

ゲスト
・暦本純一氏(東京大学大学院・教授)
・高橋建滋氏(桜花一門・代表取締役社長)
・安藤晃弘氏(株式会社ハシラス・代表)
・近藤 “GOROman” 義仁氏(株式会社エクシヴィ・代表取締役社長)
・水口哲也氏(レゾネア株式会社・代表/慶應義塾大学大学院・特任教授)
・コヤ所長(小山順一朗氏)&タミヤ室長(田宮幸春氏)(バンダイナムコエンターテインメント)
・國光宏尚氏(株式会社gumi・代表取締役社長)
・稲見昌彦氏(東京大学大学院・教授)
・清水亮氏(株式会社UEI・代表取締役社長 兼 CEO)
・八谷和彦氏(東京芸術大学・准教授)
・落合陽一氏(筑波大学・助教/デジタルネイチャー研究室・主宰)
・近藤 “GOROman” 義仁氏(株式会社エクシヴィ・代表取締役社長)
・西川美優氏(Director of Sales Operation, VIVE Japan)

協賛企業も募集中しております。
お問い合わせはこちらまで

JAPAN VR EXPO 2017

header_top

VRC会員の皆さまへ

JAPAN VR EXPO 2017 のご案内をさせていただきます。

 

JAPAN VR EXPO 2017とは

「日本バーチャルリアリティ学会」(会長 岩田洋夫)と「VRコンソシアム」(代表理事 藤井直敬)は、協同主催により、一般向けのVR総合展示会「JAPAN VR EXPO 2017」を開催します。研究機関や企業のトッププロ と、学生などのハイアマチュアが集結するVRの祭典として企画されました。
JAPAN VR EXPOでは、筑波大学構内にある世界最大規模のVR研究・展示施設「エンパワースタジオ」の「大空間棟(グランドギャラリー・LargeSpace)・研究棟(ノマド型実験室・ショールーム型実験室)」を使用して、「先端VRコレクション」、「VRニュービジネス・ショーケース」、「IVRC国際学生バーチャルリアリティーコンテスト)予選大会」を大規模に展示・無料公開します。
「筑波大学エンパワースタジオ」の見学の機会としても非常に貴重ですので、周囲の皆さまともお誘いあわせのうえ、ぜひご見学ください。
なお、会期中はTXつくば駅からエンパワースタジオまでの直行シャトルバスを計画しています。

日時:2017年9月14日、15日、16日
場所:筑波大学エンパワースタジオ http://emp.tsukuba.ac.jp/access/
協賛:Unity Technologies Japan
後援:筑波大学グローバル教育院エンパワーメント情報学プログラム

VRクリエイティブアワード 2017

vrcaward2017

3年目となった今年のアワードは、業界最高クオリティの作品が15作品も一同に会することとなり、商業部門と個人部門、あわせて7作品が受賞作品として選ばれました。
http://vrc.or.jp/award2017/

続きを読む

Innovative Technologies+ 2017 募集のご案内

VRC会員の皆さまへ
Innovative Technologies+ 2017 募集のご案内をさせていただきます。

これまで5年間にわたって実施してきた優れたコンテンツ技術を発掘・表彰するInnovative Technologiesが、装いを新たに生まれ変わりました。名前も「Innovative Technologies+(Plus)」にバージョンアップ.これまでの技術に加え、新たにビジネスモデルの応募も可能になりました。
さらにマッチングの取り組みも加わり,新技術の実用化に向けたサポートも充実。皆さん、ぜひご応募ください。経済産業省は、コンテンツ産業新展開強化事業(国際取引機会創出事業)におけるコンテンツ技術発掘・発信の一環として、我が国の優れたコンテンツ技術を発掘・評価する「Innovative Technologies+(Plus) 2017」を実施します。

【「Innovative Technologies+ 2017」の概要】

産学からの公募により、優れたコンテンツ技術およびビジネスモデルを20件程度選出します。「技術」は経済産業省が定める「技術マップ2015(コンテンツ分野)」に示された技術であること、「ビジネスモデル」はコンテンツ技術が価値の中核となすものとして活用されていることが条件となります.採択された案件は、今秋開催予定の「デジタルコンテンツEXPO2017」の会場に展示し、一般公開及び製品化や産業応用に向けたマッチングを行います。
【Innovative Technologies+ 2017 募集のご案内】
https://www.dcexpo.jp/innovative-technologies
【「技術マップ2015」(コンテンツ分野)】
http://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2015fy/000279.pdf
【募集について】
○応募締切:平成29年7月7日(金)12:00(正午)(必着)
○採択件数:概ね 20 件程度
○募集対象:日本国内に事業所を置く企業または大学,研究機関,
団体によって開発・製作された「技術およびビジネスモデル」(お問い合わせ先)
一般財団法人デジタルコンテンツ協会
担当:瀬尾,大森
電話:03-3512-3903
Mail:innovtech@dcexpo.jp